福井県ジュニアポイントランキング(FJPR)規定
改訂内容について              戻る

 

  2012年12月15日
  ジュニア委員会トーナメント部

  谷川拓也・松田幸一郎



2012年度より始めた福井県ジュニアポイントランキング(FJPR)ですが、
2013年度(2013/3〜)より、下記の点を改訂します。


【グレードの見直し】


8月の県ジュニアテニス選手権のグレードの変更


ランキング上位選手の欠場などを考慮し、グレードを1つ下げることで、調整する。







【グレード間のポイントのバランス】


各グレード、グレード間のポイントの見直し。(バランス調整)


各グレードの、4位、6〜8位のポイントを見直しました。
下図の通り、3〜4位、5〜8位間のポイント差を減らしました。
また、グレード間では、下位の1位のポイントが、上位の4、5位の中間程度になるように
設定変更。これに伴い、グレード4以下については、全体のポイントを減らしました。




【北信越・全国大会の位置付け】


北信越大会のポイントは、県予選ポイントに加算する。
全国大会の成績は除外する。

北信越大会での成績が生かされるように、県予選の加算ポイント方式に変更します。
全国大会については、現時点では、ランキング対象大会から除外します。



【ポイントの有効期間】


県予選については、次年度のポイント加算までとする。
上位大会のポイントは、県予選のポイントの失効日と同日。


県予選のポイントの有効期間は、同大会のポイントが加算されるまでとする。(約1年)
県予選の上位大会については、同大会の開催を待たずに、
県予選のポイントの失効日と同日に失効する。


例)

県予選の開催までは、前年度の県大会+北信越の合計ポイントが有効
県大会終了後、すべてのポイントが失効し、県予選のポイントを登録する。
北信越大会終了後、北信越のポイントを加算する。





【ダブルスのポイントについて】


ダブルスのポイントを1/2にせず、ポイント表の数値のまま加算する。

1未満の端数が発生するため、1/2にせずに処理する。



                        戻る