本文へスキップ

フェアプレイ & ベストプレイ  FPJR

福井県ジュニアトーナメント・ドローの組み方.

戻る

原則として抽選後のドローに関して、「主幹側の手違い等」以外では修正することはできない。
抽選の平等(差別なく、みなひとしなみであること)とは、抽選する前にどこを引き当てるかの確率が平等ということであって、抽選の結果が平等ということではない。
そのためにも抽選の仕方のルールを明確にし、公平(私情・欲望などに左右されないこと・えこひいき・偏見などがないこと;自己や他の関係者の利害に動かされず正しい規律を守ること)に抽選を行うことが肝心である。



【シード選手の人数と選び方、順位付けについて】

@ 人数

ドロー数の1/4を基本とする。
また、上位大会への出場枠に応じてシードを確保する。

(出場枠数を含む2の累乗)

8ドロー (出場数8以下)  ・・・2シード
16ドロー (出場数9〜16) ・・・4シード
32ドロー (出場数17〜32)・・・8シード
48ドロー (出場数33以上) ・・・16シード

A 選出、順位付けの方法

福井県テニス協会ジュニアポイントランキング(FJPR)により決定する。
同順位の場合は、総合計ポイントで比較する。総合計ポイントも同数の場合は、抽選する。
ダブルスは、出場ペアの合計ポイントで順位を決定する。
高体連の高校総体、新人戦などは、高体連独自のランキングを使用していますので、若干異なります。

B その他

他都道府県より転入した選手については、戦績をFJPR規定で評価し、参考にする。
FJPR規程に含まれない北信越・全国大会などの上位の戦績を収めた選手については、委員会で審議し、シードの調整をする場合がある。
末位シードにランキングの差がつかない場合は、シード枠を必要数拡大する。

C 使用するランキングデータ

ドロー作業に使用するランキングFJPRはその大会のエントリー締め切り日現在のものを使用する。


【抽選方法について】

@ シード選手

FJPRの上位1、2位を第1、2シードの位置に配置する。
3,4位の選手は、抽選を行い、第3,4シードの位置に配置する。
以下、5〜8位、9〜12位、13〜16位の単位で抽選を行い、
各シードの位置に配置する。

A シード以外の選手

シード以外の選手は、フリー抽選とする。(オープンドロー)
ただし、64ドロー以上(出場数48以上)のトーナメントに関しては、
初戦での同チーム対決にならないように配慮する。

すべてのチームについて、同士討ちは必然的に生じるまで生じない。
あるチームから2名参加なら、2名とも勝ち進んだ場合、決勝でしか対戦しない。
あるチームから4名参加なら、準決勝まで対戦しない。)


【リドローについて】

ドロー終了後は、トーナメント部の手違い以外ではリドローを行わない。

エントリー〆切後の取り消し変更等は一切行うことができない。選手は、予備日を含めた大会期間全日程において必ず参加する義務がある。



【コンピュータによる抽選システムの使用方法について】

エントリー選手からシードを決定した後、シード選手を各シードの位置に配置する。

シード選手配置後、シード以外の選手をコンピューター抽選によってドローを行う。





2013年12月17日 改 訂
2014年11月24日 改 訂

戻る